戻る


お引越のワンポイントアドバイス


 〜 お荷物の梱包について 〜


 
食器等(割れ物)
  • 小皿、茶碗などは一つずつ食器専用紙・新聞紙などで包みます。
  • ダンボール箱に詰める際、クッション材を使用します。まず、クッション材をダンボール箱の底に敷き、包んだ食器同士がぶつからないように間に入れ、運ぶ際に揺れて動かないように隙間にも入れます。クッション材は、丸めた新聞紙を使用しても良いでしょう。
  • 注意 高級食器は美術品に相当します。お客様自身でお運び下さいます様、ご協力お願い致します。
  • 人形ケースなどは、運ぶ際に見て分かるようにエアーキャップなどで包みます。そして、紐で十文字に固定します。
 
洋服
  • 洋服はダンボールに詰めましょう。
  • 洋服タンスのハンガーに掛かっている洋服につきましては、ハンガーに掛けたまま運べますのでハンガーBOXをお申し付け下さい。
   
 
布団
  • 布団や毛布は、布団袋に入れて運搬します。
  • 布団や毛布を積み上げたあと布団袋を逆さにかぶせると簡単に収納できます。
  • 中にワレモノは、絶対に入れないようお願い致します。
  • 布団袋は、市販の物でも大丈夫ですし、ご用意もございますのでお申し付け下さい。
   
 
書物
  • 書物は、小さいサイズのダンボール箱に詰めます。(約20kg程度)
  • 注意 紐で固定してしまうと書物の表面などに傷がつくことがありますので、ご注意下さい。
   
 
電気製品・パソコン
  • 購入した時の空箱があれば、空箱をご利用下さい。
  • 空箱がない場合は、梱包致しますのでご安心下さい。
  • 冷蔵庫や洗濯機の水は前夜にスイッチを切り、完全に取り除く事が望ましい事ですが、当日にスイッチをお切りいただいても構いません。
  • 冷蔵庫の中は、空にする事が望ましいですが、当日に運びたいものがあれば専用の入れ物をご用意して頂くか、または、専用の入れ物がありますのでお申し付け下さい。
  • 石油ストーブは、タンク内の灯油を必ず抜き、あわせて電池も抜いてから荷作りして頂くとより安全に運搬できます。
   
 
家具
  • タンスなどは、中身が空の状態で運びます。扉が付いている家具に関しましては、扉が開閉しないようテープなどでとめておくと、より安全に運ぶことができます。
  • 注意 家具等にテープを使用する際は、通常の市販されているガムテープを使用しないで下さい。ガムテープをはがす際に、家具類の塗装がはがれたりする恐れがあります。家具等にテープを使用する場合は、幅広の弱粘着テープ「養生テープ」をご利用下さい。
   
 
ビン類
  • ビンの蓋をきっちり閉め、立てたまま箱に詰めます。
  • ビン同士を並べずに、プラスチック素材のものの間に挟むなど工夫すると安全に運べます。また、運ぶ際に動かないよう隙間を無くし、ダンボール箱のふたは閉じずに運びます。
   
 
日用品
  • 日用品は最後に荷作りしましょう。
  • 家族分の食器や食品、タオルとトイレットペーパー、下着、子供の着替え、パジャマなど、最後まで使用していたものは転居先で最初に使用するものです。これらの日用品は、当日の朝荷作りし、他の荷物と区別できるマークをしておくと便利です。